ポセイドンとは

ポセイドンは、人と自然に優しい電解中性機能水を歯科ユニットや医院全体に通水させることにより医院の水配管内の細菌などの繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保つためのシステムです。

歯科医院では、手や器具の洗浄、歯の治療、クリーニング、患者様がお口をゆすぐときなど、多くの場面で水が使われます。お口の中をきれいにしていただくことので、歯科医院で使われる水もキレイで衛生的でなければなりません。

しかし、その治療用のお水がとても汚れている事実をご存知でしょうか?
特別な対策をしなければ、飲用できる水道水の基準の数十倍から数千倍の細菌(弱毒性)が検出されています。

歯科医院で治療する『むし歯』も『歯周病』も原因は細菌なのに、治療を受けながら別の菌をもらうのでは本末転倒ではないでしょうか?歯科医院の治療水から検出される菌は『従属栄養細菌』と呼ばれる菌群で、髄膜炎などの原因菌の一つとも言われていますが、健康な人が摂取しても健康被害を起こすことはないと言われています。しかし、免疫力の弱い高齢者や乳幼児の患者様などにとっては、日和見感染を起こす可能性があり、注意が必要です。

歯科ユニットウォーターライン除菌装置

でもなぜ、歯科医院の治療水がこんなに汚れるのでしょうか? 実は夜間や休診日の間に、診療台の中で水が滞留することが、菌の繁殖の原因なのです。上の写真は、特殊な薬品を使って診療台の給水ラインを洗浄した時に出た汚れだそうです。普段、こういった汚れは目にすることができないので、対策が採れていないのが実情なのです。

当院では、治療に使用する全ての水に除菌ウォーターラインポセイドンを通した水を使用し、『全ての患者様に安全な環境で、安心して治療を受けていただく』ことを第一に考えています。

ポセイドン特徴

・院内全ての給水管内を除菌します(細菌数はゼロに近い)。
・治療時の水はかなりクリーンなものとなります。
・院内感染対策として強力な効果を発揮します。

ポセイドンの仕組み

1.センサーが水の流れを感知し、電解層に通電
2.水中に含まれる塩素イオン(Cl-)が電気分解により塩素(Cl2)に変化
3.塩素(Cl2)がすぐに水と反応し、残留塩素に変化
 (次亜塩素酸(HCLO)や次亜塩素酸イオン(ClO-))
4.残留塩素の上昇により水道水中の細菌の繁殖を抑制

ポセイドンの仕組み

水の安全性を示す分析試験成績書をいただきました!

上記の取り組みの結果、当院で使用するお水の安全性を示す分析試験成績書(図)を(一財)日本食品分析センターからいただきました。

日本の水質管理目標設定項目にある従属栄養細菌の目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000以下(暫定)」となっています。日本食品分析センターの水質検査により、『治療水』の衛生状態について「1mlの検水で形成される集落数が30以下」=『細菌数検出限界以下』という水質最高レベルの評価を得ております。
とても衛生的な「お水」ですので、安心して治療を受けて下さい。

分析試験成績書

参考リンク

きれいなお水の歯医者さん   http://mizukirei-dc.com/
セルフメディカル   http://www.pose.co.jp/