歯が失われた時の治療として「ブリッジ」や「入れ歯」があります。それぞれに医療保険が適用される治療(保険診療)と、適用されない治療(自由診療)があります。
保険診療の場合には使う材料と治療方法が決められてしまいますが、治療費は安くなります。自由診療の場合には材料や治療法にほとんど制限はありませんが、治療費は高くなってしまいます。

保険診療のブリッジには、奥歯は金属のかぶせ物、前歯には金属のかぶせ物に歯の色をした「硬質レジン」と呼ばれるプラスチックを貼り合わせた物を使います。自由診療では、金属の表面にセラミックを焼き付けた「メタルボンド」が一般的に使われますが、優れた耐久性と見た目も天然の歯に類似した色調が再現でき、歯垢も付きにくく衛生的です。

また、強度にすぐれた「ジルコニア」という新素材セラミックの普及により、今まで不可能とされていた「金属を使用しないブリッジ」が可能となりました。それにより天然の歯と変わらない透明性が再現でき、金属アレルギーの問題もクリアしました。

入れ歯を保険診療で作る場合、本体はレジンでできていて「クラスプ」という金属のバネが付いているのが普通です。自由診療では、入れ歯の主要な部分を金属でつくる(金属床義歯)ために、強度が高く、口の中の粘膜にあたる部分を薄くすることが可能です。このため保険診療の入れ歯に比べて口腔内での違和感は少なく衛生的です。また、自由診療ではクラスプを使わない入れ歯(ノンクラスプ義歯)というのも可能になります。さらに「アタッチメント義歯」といって、一度装着すると強固に密着し、入れ歯を装着しているのを忘れてしまうほどの安定感を得ることができるものもあります。

このように自由診療ではいろいろなすぐれた入れ歯を作れます。ただ、保険診療、自由診療それぞれにメリットとデメリットがあるということを知った上で、適切な治療を受けられることをお勧めします。

入れ歯でお困りの方へ>>

矯正治療についてはこちらへ>>

ホワイトニングについへはこちらへ>>