L8020菌とは?

L8020菌は、正式名称をラクトバチルス・ラムノーザスKO 3株と言い、広島大学歯学部のニ川教授が発見した乳酸菌のひとつです。

むし歯や歯周病に罹患(病気になること)したことのない健康な子どもの口腔内から摂取した菌で、このL8020菌が、口腔内のむし歯菌、歯周病菌を抑制できることがわかりました!

 “L8020”という名前は、80歳になっても20本の歯を保てるようにという願いを込めて付けられたそうです。

L8020菌とは

L8020菌の正式名称は「ラクトバチルス・ラムノーザスKO3株(Lactobacillus rhamnosusKO3)」。広島大学歯学部の教授で歯学博士の二川浩樹先生によって発見された菌です。

二川先生は、う蝕(いわゆる虫歯)にかかったことのない子供13名の唾液から42種類の乳酸菌を分離し、その中から虫歯菌(ラクトバチラス・ミュータンス)の抑制効果がある菌“L8020を探し出しました。

効果については詳しく後述しますが、「毎日食べれば虫歯菌・歯周病菌が8割減少する」という優れモノ!

L8020菌の効果と科学的根拠

では、L8020菌にはどのような効果があるのでしょうか?

歯周病菌・むし歯菌の口腔内保菌数の変化

主に、左図に示すように次の3つを挙げることができます。

・ 虫歯菌(ミュータンス菌)の減少効果
・ 歯周病菌(ジンジバリス菌)の減少効果
・ カンジダバイオフィルムの抑制効果

これらの効果は、この菌で作ったヨーグルトを用いた臨床試験で確認されていますので、信頼性が高いといえるでしょう。

それでは、データとともにそれぞれ見てみましょう。

L8020菌を使用した商品

虫歯や歯周病の予防や改善への効果が確認されたL8020菌。

この菌を使用した商品が口腔でのプロバイオティクスとして注目を浴びています。L8020菌は、広島大学発のベンチャー企業“CampusMedico(キャンパスメディコ)”によって研究開発・製造・販売・技術移転な どされています。 

四国乳業㈱らくれん『8020ヨーグルト』

四国乳業㈱らくれん『8020ヨーグルト』

乳酸菌といえばヨーグルト!

王道ではありますが、L8020菌はヨー  グルトの製造に適した乳酸菌ではないために、製品化までには多くの苦労があったそうです。毎日食べてください。

口腔内にL8020菌が定着します。

当院では発売できません。神戸市内ではコープこうべ、イオン、イカリスーパー、トーホーストアで販売されているようです。

L8020菌配合のタブレット

L8020菌配合のタブレット

噛んで食べて唾液の分泌を促すL8020乳酸菌入チュアブルです。  噛み砕きやすく、外出先でのお食事後や、マウスウォッシュの刺激が苦手な方にもオススメ。  キシリトール使用、砂糖不使用です。梅ミント風味、 レモンミント風味 / 30粒入(約30日分)。  

当院で販売しています。生菌です。ヨーグルトに比べるると口腔内定着率は少し落ちます。 

L8020菌配合の歯みがきジェル

L8020菌配合の歯みがきジェル         

殺菌剤不使用 研磨剤不使用
歯磨きにL8020乳酸菌を取り入れることでオーラルケアの相乗効果が期待できます。 

L8020菌配合のマウスウォッシュ

L8020菌配合のマウスウォッシュ 

お口のネバネバ解消!
口臭を予防!朝起きた時 すっきり!

歯みがきジェルとセットで使うと効果的

L8020菌配合の子供用タブレット

L8020菌配合の子供用タブレット

対象年齢は1歳半頃〜。もちろん、妊娠中のママにも。また歯周病予防や口臭予防にも効果がありますので大人も子供も御家族皆様でお召し上がりいただけます。