お口の中には約700種類の細菌が住んでいます。普段はあまり悪いことはしませんが、お口の中が汚れた状態だったり、砂糖を過剰に摂取したりすると細菌がネバネバした物質を作り出して歯の表面や歯肉の粘膜にくっつきます。これが歯垢(プラーク)です。

歯垢は複雑なバイオフィルムを形成し、粘着性が強いので、少々のうがいや通常の歯みがきをしても落ちません。また、この歯垢(プラーク)の中には10億個の細菌が住み着いているといわれています。一つひとつの細菌は病原性が弱いため単独で疾患を起こすことはないのですが、混合感染することで、歯周病やむし歯といった代表的な疾患を引き起こします。

歯周病やむし歯も細菌感染による疾患です。そこで、大切なのは予防ということになります。

口腔内には500~700種類くらいの常在菌が住み着いています。一口に菌と言っても常在菌の中には善玉菌も悪玉菌もいます。歯垢が溜まってくるとそこに悪玉菌と呼ばれる細長い桿菌が多くなり歯周病菌やむし歯菌が増殖しやすい環境ができてしまいます。口腔内の常在菌を優位にして悪玉菌を増やさない、付着させないよう口腔内環境を整えることが大切になります。診断、治療と定期的なメンテナンスで、歯周病の原因となる歯垢(プラーク)をためない、増やさないが基本です。

歯周病の症状

1. 歯ぐきから血が出る

歯周病が進行すると、歯を磨く時や食事のときなど炎症が起きている歯ぐきはわずかな刺激でも出血します。

2. 歯の周りの歯ぐきが時々腫れる

痛みもなく歯ぐきがポコッと腫れてくることがあります。腫れた部分を舌で押すと膿が出てくることもあります。

3. 歯がうずく

歯ぐきがむずかゆい感じがして、歯が浮き上がっている感じがすることがあります。

4. 水がしみる

歯肉と歯の間にできている溝が、歯の根元の方向に深くなるため、敏感な歯の根の部分が水などに触れてしみやすくなります。

5. 口臭が強くなる

汚れや細菌の量が多ければ、それだけ臭いが強くなり、さまざまな口臭がするようになります。