妊娠そのものが歯周病を引き起こすわけではありません。

しかし、歯周病菌は、女性ホルモンの影響で増殖するものがあります。

また、女性ホルモンは歯肉の毛細血管や細胞に作用して歯周病を悪化させるとも言われています。歯周病の原因はお口の中の細菌ですから、お口を清潔にすることで腫れや出血は改善されるのですが、 つわりで充分に歯磨きできない方もおられるようです。

症状がひどくなると痛みなどのため、さらに歯磨きが困難になる場合もありますから、 出来る範囲でお口の清潔を心がけてください。

妊娠中はもちろん、妊娠前からの適切なプラークコントロールが、元気な赤ちゃんを出産するためにも重要となります。症状に気づいたら、早期に歯科医院へ行って相談してみましょう。