糖尿病には、実はいくつかのタイプがあります。

女医

1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常や、他の病気や薬剤の作用によるもの、それに妊娠糖尿病です。

(1) 1型糖尿病

自己免疫異常により、インスリンを合成する膵β細胞が破壊され、インスリンが絶対的に欠乏し、高血糖になります。 遺伝様式は不明ですが、白血球の組織適合抗原のタイプにより発症の危険率が高まります。

8 ~ 12 歳の思春期に発症が多くなりますが、幼児や、最近では成人にも発症がみられます。 日本の有病率は1万人に約1人です。

(2) 2型糖尿病

糖尿病の 98% 以上を占め、40 歳以降に起こりやすいタイプです。

インスリン分泌の低下、あるいはインスリン抵抗性によって骨格筋などでの糖の利用が悪くなり高血糖を来します。

2型糖尿病は、多因子遺伝で、家族性に起こります。

日本での患者数は急激に増加し、最近では 50 歳以上の人の約 10% が2型糖尿病です。

(3) その他の疾患に伴う糖尿病

遺伝子異常が突き止められた糖尿病(MODY、ミトコンドリア糖尿病)や、糖尿病が他の疾患や条件(内分泌疾患、膵疾患、肝疾患、 ステロイド薬服用)に伴って発症することもあります。

内分泌疾患では、糖質ステロイドが過剰になるクッシング病やクッシング症候群、成長ホルモンが過剰になる先端巨大症、 副腎髄質の腫瘍からカテコラミンが過剰に分泌される褐色細胞腫などが代表的です。

膵疾患では、アルコールの過剰摂取などで、すい臓が破壊され(膵炎)、インスリンの分泌が枯渇し、結果的には1型糖尿病と 同じく、インスリン治療が必要になります。

(4) 妊娠糖尿病(GDM )          

妊娠中には、女性ホルモンなどの影響で耐糖能が悪化し、糖尿病になることがあります。

多くは出産後、正常に戻りますが、妊娠糖尿病になった女性は、将来糖尿病を発症しやすいので、注意が必要です。