ギネスブックによると最も多い伝染病は風邪ですが、最も多い病気は歯周病だそうです。

「全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」とのことです。

35歳で80%以上の人が歯周病と言われています。35歳になってから突然歯周病になるのではなく実は10代の頃から少しずつ進行しており長い歳月をかけジワジワと歯周病になっていくのです。

歯周病がなぜ全身に影響する?? 

まず歯周病とは歯と歯肉の境目に集まることから始まります。歯周病菌が出す毒素によって歯肉が炎症を起こします。歯肉には毛細血管が豊富にあるため炎症が起こると出しやすくなるのです。毛細血管などから血管に入り込み体全体へと巡っていくのです。

歯周病菌がリスクを高める疾患とは

歯周病がリスクとなって影響を与える可能性がある疾患は主に次のようなものがあります。

狭心症・心筋梗塞
感染症心内膜炎
糖尿病悪化
肺炎・早産・がん

などなど他にもたくさんあります。