「歯ぎしり」「噛みしめ」は決して特異なことではありません。誰でもしている一種のくせと考えてよいと思います。ですから、特に問題を起こさない限り、放置しても構わないのですが、時には次のような問題を起こします。

1.歯への障害        歯の磨耗、歯の破折、歯がしみる、噛むと痛い等
2.歯周組織への障害   歯ぐきがさがる、歯周病
3.顎関節への障害      顎関節痛、開ロ障害、カックン音
4.全身への障害      顔面痛、頭痛、肩凝り、腕のしびれ、腰痛
5.その他           舌痛症、むちうち症状、倦怠感

これらの症状のすべてが、「歯ぎしり」「噛みしめ」からくるわけではありませんが、無用な悪いくせはなくしておく方がよいと思います。このくせは眠っている時とか、何かに夢中になっている時とかに起こるので気づきにくいし、治すのも同じ理由で治りにくいものです。治すためにマウスピースを入れる方法もありますが、道具に頼ると何時までもそれを入れていなければならないし、やめればまた、戻ってしまいます。あなたが、本気になって治す気になれば意外と簡単に治っていくものです。