細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

糖尿病と歯周病

糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下して感染症にかかりやすくなると言われています。細菌感染を原因とする歯周病においても同様であり、糖尿病の人は、健康な人に比べて歯周病に かかっている確率が2倍以上も高まると言われています。

また、体の中に炎症を悪化させやすくなっているので、歯周病が進行し、 重症化しやすくなるのです。また、歯周病にかかっている糖尿病の人は、糖尿病の合併症である 心臓病で死亡する確率が 2.7 倍、腎臓病で死亡する確率は 4.1 倍も 高くなることも報告されました。実際に歯周病の治療をすると、 ヘモグロビン A1c という血糖値のコントロールの指標の値が低下 することも報告されています。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、交互に悪影響を 及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

歯周病により、歯肉の中で作りだされる炎症性物質は、血液を介して血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げ、 糖尿病を悪化させる可能性があります。特に2型糖尿病の方に関しては、歯周病の歯周治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善すること などが報告されており、糖尿病の血清コントロールに歯周治療が重要であることが認識されてきています。

歯周病菌は、腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります

血管に入った細菌は、体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は、残り血糖値に悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からの TNF-αの産生を強力に推し進めます。 TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える動きもあるため、

血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

また、歯周病が進行すると、毎日の食事に影響が出てきます。歯周病は、初期の段階では歯ぐきの多少の腫れや歯ぐきからの出血が見られる だけですが、進行すると歯ぐきがひどく腫れたり、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラしはじめたりするようになります。そうなると、うまく噛めなかったり、噛むと痛みが生じたりして食事に支障をきたすようになります。さらに進行して歯が 1 本、2 本と抜けてなくなってしまうと、噛む力はずいぶん低下してしまいます。入れ歯を入れたとしても自分の歯で噛む場合に比べると、噛む力は 1/4 ~ 1/6 程度になってしまうと言われています。

噛めなくなるということ

噛めなくなるということは、食事により影響を受ける糖尿病の方には重要な問題となります。噛むことに支障が出てくると、軟らかい食べ物を好みようになったり、あまり噛まないまま飲み込んでしまったりする傾向があるようです。 軟らかい食べ物は一般に糖質や脂質を多量に含むものが多く、また噛まないと満足感(満腹感)が得られにくくなる結果、食事量が増えてしまうという悪循環に陥りやすくなります。

また、噛まないことで口の中の刺激が減り、唾液の量も減ってしまいます。唾液の量が減ると、口の 中を洗い流すことができず、口の中を清潔に保てなくなります。また、唾液には抗菌物質も入っているため唾液量の低下は、お口の中の細菌 が増えることにもつながります。

十分に噛めない状態は、お口の中の細菌を原因とする歯周病や虫歯を生じさせたり、進行させやすくなったりするのと同時に、早食い、食べ過ぎ、糖質や脂質の多い食事などによって糖尿病を悪化させることにもなるのです。

歯を失う最大の原因

ギネスブックによると最も多い伝染病は風邪ですが、最も多い病気は歯周病だそうです。

「全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」とのことです。

35歳で80%以上の人が歯周病と言われています。35歳になってから突然歯周病になるのではなく実は10代の頃から少しずつ進行しており長い歳月をかけジワジワと歯周病になっていくのです。

歯周病がなぜ全身に影響する?? 

まず歯周病とは歯と歯肉の境目に集まることから始まります。歯周病菌が出す毒素によって歯肉が炎症を起こします。歯肉には毛細血管が豊富にあるため炎症が起こると出しやすくなるのです。毛細血管などから血管に入り込み体全体へと巡っていくのです。

歯周病菌がリスクを高める疾患とは

歯周病がリスクとなって影響を与える可能性がある疾患は主に次のようなものがあります。

狭心症・心筋梗塞
感染症心内膜炎
糖尿病悪化
肺炎・早産・がん

などなど他にもたくさんあります。

歯周病であごの骨が溶けるわけ?

歯周病の原因は歯の周囲に付着した細菌です。歯周病の初期段階では、この細菌が歯肉にのみ炎症を起こし出血や白い膿が見られます。

末期になると歯の周囲の骨がほとんど溶けますが、これは骨に近づいてくる細菌に対して骨が自分を溶かして逃げようとしているのです。

歯周病で最も進行した状態をP4と呼びます。

この状態は歯の周囲を固定しているはずの顎の骨が溶け歯が前後左右上下全ての方向にぐらついている状態です。

歯周病の末期段階の特徴で、最もわかりやすいのは歯の動揺。P2は前後左右に動きますが、P3では歯が抜ける方向にも2~3mmは動きます。

要するにグラグラで自分で引っ張れば抜けるような気がします。さらに、噛むたびに歯がグラつき、痛みが出ることもあります。歯の周囲が白いプラークで汚れ、腫れて歯肉を押すと白い膿がどんどん出てくることがあります。

40代以降でこのような症状で来院された方を見てみると問題となっている歯の歯周病が深刻に進行している場合があります。歯周病の炎症は歯石の表面などに付着した細菌などが毒素を出し体内に入り込もうとするのを防ぐため生体の防御機能を使うためにおこります。

さらに、歯肉の奥にある骨は細菌が近づいてくると自分の感染を防ぐ為に、自ら溶けて逃げ細菌との距離を保とうとするのです。歯の周囲の骨が全てなくなった場合は、歯がそれまでの体の一部から細菌に占拠された「異物」としての固まりと判断されたということです。

すでに有害で必要のない「異物」から骨は自らを溶かして逃げているのです。

なぜ歯周病にかかっていると、早産になりやすいのか。

妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産になったり、 低体重児を出産する可能性が高まるという研究もその一つです。

米国をはじめとして、海外では 1990 年代前半から盛んに研究が 進んでいます。

日本での 疫学調査では、歯周病の妊婦は、そうでない妊婦に比べ、も 早産になりやすかったという驚くべき結果が出ています。歯ぐきの状態の悪い妊婦は、早産を来す危険性がそうでない妊婦に比べ約5倍も高かったという報告があります。

また、、歯周病が進んだ妊婦では、早産および低体重児出産の危険性が 7 倍高まるといった報告や、歯周病が進んだ妊婦ほど早産の頻度が 高かったという報告などがあります。

なぜ歯周病にかかっていると、早産になりやすいのでしょうか?

体内の炎症反応に関与している生理活性物質の「サイトカイン」がカギを握っていると考えられています。歯周病菌に感染すると、体内の免疫をつかさどる細胞から、サイトカインが過剰に出され、歯の組織に炎症が起こることが知られています。しかし、最近、歯周病にかかっている人は、歯の組織だけではなく、血液中のサイトカイン濃度も上昇していることが明らかになってきました。

妊娠している場合、サイトカイン濃度の上昇は、炎症以外に「出産開始の合図」でもあります。このため、歯周病によるサイトカイン濃度の 上昇を、体が出産の準備ができた合図と判断してしまい、子宮筋の収縮などが起こって切迫早産に至るのではないかと推測されます。

こうした現状を改善しようと、切迫早産の妊婦に対し、歯ブラシの指導などを行って、早産が減少するかどうかを 現在検証されています。既に、チリでは、400 人の妊婦を対象にした研究で、歯周病治療を行うと、早産や低体重児出産の割合が約 5 分の 1 に減少したという報告があります。

歯周病治療によって、どれだけ早産のリスクを減らせるかどうかは、今後の研究次第です。しかし、現段階でも、歯の状態が全身の健康と密接に関わっていることは確かです。妊娠が分かったら、まず歯科を受診し、歯周病などの有無をチェックするようにしてください。

歯科診療と妊娠01~母子手帳を活用しましょう~

妊娠すると市町村から母子健康手帳を受け取ると思います。

母子健康手帳には、妊娠中~出産~出産後の妊婦の健康状態や、アドバイス、出産の重要事項、生まれてきた子供の健康状態などが記載されます。

また、生まれてきた子供の成長記録や予防接種の記録にも使われます。

母子健康手帳

妊娠中も歯科検診をしたほうがいいの?

妊娠をするとお腹の中の赤ちゃんに害があるのではないか、、、と思い虫歯があっても歯医者さんに行かない方がいますが、それは間違いです。 

妊産婦歯科検診って?

定期的に行われる妊婦健診では、お口の中の状態までは見てくれませんよね?

そのため、ご自身で歯医者へ行き歯科検診を受けてもらうか、自治体によっては歯科検診費用の助成や、母子手帳を受け取るときに合わせて歯科検診を行ったり、案内を受けることが多いようです。

気になる方は市役所や保健所の方に問い合わせてみてください。 

ではどうして妊娠すると歯科検診したほうがよいのでしょうか?

詳しくお話しします。 

1.妊娠中に虫歯や歯周病が進む

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。このホルモンはお口の中にも影響を及ぼすため、歯周病になりやすくなります。

また、つわりがひどい方などは歯磨きを入れるだけでも気持ち悪いと感じられる方も多くいます。その結果お口の清掃状態が悪く、細菌が増えることで虫歯が悪化したり、歯茎が腫れたりというトラブルにつながります。 

2.歯周病の悪化で胎児に影響が!

重度の歯周病になるとお腹の中の胎児にも影響が出てきます。歯周病は歯の周りの組織が細菌感染することで起こります。

この細菌がお母さんの血液を通って子宮内に感染してしまうことで、低体重児出産や、早産の危険性が高まると言われています。 

3.口腔内をキレイに保ちましょう

先ほどもお話ししたように、つわりが原因でお口の中の清掃状態が悪かったり、虫歯があるのにそのままにしていると産まれた赤ちゃんに虫歯菌が移ってしまいます。

よく知られているのが、スプーンなどを親子で共有すると唾液の中の虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまうというものです。

出産後は育児が忙しく歯医者に行く時間をとるのも難しくなります。

そうならないためにも、赤ちゃんが産まれる前にしっかりと治療しておきましょう。

歯槽膿漏と歯周病

高齢の方にはなじみのある「歯槽膿漏」は、実は重度の歯周病のこと。歯周病は、歯を支える骨(歯槽骨)や歯肉(歯ぐき)などの「歯周組織」が歯周病菌に侵される感染症です。

歯周病は、「歯肉炎」と、歯周組織まで進行した「歯周炎」の2段階に大きく分けられます。歯肉に炎症を起こす「歯肉炎」から始まり、「歯周炎」に進行すると歯肉(歯ぐき)がぷよぷよしたり、膿が出たりするようになります。さらに重症化すれば歯を支える歯槽骨も溶け、やがて歯は抜けてしまいます。進行した歯周病、つまり、歯周炎は、一昔前までは歯槽膿漏と呼ばれていましたが、今では「歯周病」という名称が一般的になっています。 

歯周病はかつて歯槽膿漏と呼ばれていたせいか、漢字どおり「歯肉がぷよぷよして『膿』が出る」といった状態をイメージしている人が多いようです。膿が出るのは確かに歯周病の症状の一つです。ただ、このような症状に気づく頃には、歯周病はかなり進行してしまっています。初期には、歯肉の腫れやむずがゆさ、歯を磨いたときの出血といった症状が現れますが、いずれも自分では気づきにくいもの。しかし、この段階で治療を始めれば歯を失うことはなく、早く良くなります。

歯周病初期はなかなか自分では気がつくことができないということを知っておきましょう。

歯肉からの出血

「ブラッシングのたびに歯肉から出血するが、放つておけば治るから大丈夫」と軽視している人は多いのではないでしょうか?

しかし歯肉からの出血は、歯周病の初期症状である可能性が高いのです。初期には歯肉が少し腫れる、何となくむずがゆいといった症状が出ていることも多いのですが、出血のようにはっきりした症状ではないので、ほとんどの人は気づきません。

歯周病は「サイレントーディシース(静かに進行する病気)」と言われ、気づかないうちに歯肉の内側の見えないところで歯を支える骨などがジワジワと破壊される病気です。

患者さん白身が気がつきやすい歯肉からの出血は、歯周病を早期発見・治療するチャンスなのです。歯周病はかつて歯槽膿漏と呼ばれていた頃のイメージで、「高齢者の病気」と捉えられることも多いようです。

しかし、若者が歯周病にならないわけではありません。厚生労働省が2011年におこなった「歯科疾患実態調査」によると、すでに15~19歳で4.5%、20代は約14%、30代になると5人にI人が歯周病になっています。

また歯周病の中でもとくに重症化しやすいタイプの「侵襲性歯周炎」は「若年性歯周炎」ともいわれ、10代20代で発症します。将来、歯がボロボロになって後悔しないように、若いうちからむし歯予防だけでなく歯周病予防も始 めましょう。

認知症と歯の関係

みなさん「認知症」という病気を聞いたことがあると思います。

認知症と歯には関連性があることをご存知でしたでしょうか。

高齢者

認知症とはどのような病気?

認知症は年齢を重ねるにつれて脳の働きが悪くなり、脳の細胞が死んでしまう病気です。認知症は70歳以上の方の中で2番目に多い障害疾患と言われています。昔は日本では「痴呆」と呼ばれていました。

認知症にも種類がある

認知症の中にもいくつかの種類があります。
例)アルツハイマー型、前頭側頭型認知症など 

認知症と歯科との関連性

今回は認知症と歯科の関連性についてお話しします。実は歯がない人は認知症になる確率が1.9倍にもなるといわれています。ではいったいどうしてでしょう。 

歯がないことで脳に悪影響が

人間は物を食べるときに脳を刺激します。そのため、歯がなかったり、残存歯が少なかったりすると学習能力や記憶をつかさどる脳などが刺激されなくなり、悪い影響を与えるといわれています。 

食事をするときは意識して噛む

このように歯は物を噛むだけではなく、脳への刺激を与える働きもあります。また、物を噛むときに噛むことを意識しないで食べるのと、意識して食べるのでは脳への刺激も変わってきます。脳に良い影響を与えるためにも噛むことを意識して食事をするのもいいかもしれません。 

残存歯がない人は・・・・

では、今歯がない人はどうしたらよいのでしょうか。

その場合は、インプラントで人口の歯を入れる、難しい場合は入れ歯を入れるという措置をとり、きちんと噛めるようにしましょう。 

歯周病と認知症の関係

歯周病が認知症の原因であるという指摘が増えてきているのは確かなことです。歯周病で歯を早くに失うことは認知症のリスクを高めることにつながるのです。

歯周病は、糖尿病や脳梗塞などといった全身の病気にかかわります。

 

このように歯はお口の中だけでなく全身と関係しています。

しっかりと口腔ケアをしていきましょう。

 

歯周病は感染症

成人の約90%が知らないうちに感染していると言われている歯周病。

最近では10代~20代で歯周病になる患者さんも増えています。(若年性歯周炎)

歯周病は自分がなっていなくても、家族や他人、ペットから感染する可能性があります。 

知っている方も多いかもしれませんが、歯周病は箸の使いまわしやキス、飲み物の飲みまわしなどで感染してしまう可能性があります。

もちろんお子さんがいる方がスプーンの使い回しなどをしただけでうつります。 

例えば結婚されている方で、旦那さんが歯周病だったとしましょう。奥さんが歯周病でなくても、旦那さんからキスなどで菌がうつります。奥さんの免疫力が落ちている時や、疲れているときなどに発症する可能性があります。そのため、夫婦やカップルで歯周病の予防を行う事がよいでしょう。 

では、歯周病を他人にうつさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

◎お口の中のキレイな状態を保つ事!!

つまり、お口の中にプラークや汚れを貯めずに清潔にする事が大切です。

先ほど歯周病はキスや箸の使いまわしなどでうつるといいましたが、感染したからといって歯周病が発症するとは限りません。

歯周病に感染し、体力が落ちていたり、抵抗力が落ちている時に発症します。 

【子どもは歯周病にならないの?】

最近、子どもの歯肉炎が増えてきています。子どもの歯周病ってあまり聞きませんよね?

子どもは大人に比べると歯周病になるリスクが低いと言えます。しかし、子どもがかからない病気ではないということを知っておいて下さい。そのため、小さいうちからしっかりお口の中を清潔にし、定期検診を受け、キレイな口腔環境を維持する事が大切です。 

【ペットからもうつるの?】

お家に犬や猫などのペットを飼っている方も多いと思います。ペットも家族の一員ですが、犬や猫にお口の周りをなめられたりすることでも感染の可能性がありますので注意して下さい。 

このように、歯周病は感染症です。自分やパートナー、子どものお口の中の健康を保つ為にもしっかり口腔ケアしていきましょう。

お薬で治す歯周内科はこちらへ→

スタッフからのメッセージ

ますます健康でいられるために

久野歯科医院スタッフ

私たちは、むし歯や歯周病のない健康な人がますます健康でいられるために、患者様みずからが進んで通院して頂けることを願っております。

そのために、皆様が少しでも安らぎや心地よさを実感して頂けるよう、誠意ある対応を心がけています。

同時に、個々の能力の向上のため常にチャレンジ精神を持ち続けることを、お約束いたします。

又、当院では、できるだけ痛みのないように治療することを第一に考えています。歯周病が進んでいる患者様には本人の自覚がない場合でも、あらかじめ歯周病についてご説明するように心がけています。

う蝕、歯周病は予防が第一、私たちの情熱をぜひご理解下さい。

治療の様子

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ