型どりのいらない既製のマウスピース矯正 ”「大塚式」こども歯並び矯正法”

こども歯ならび矯正法

「大塚式」こども歯ならび矯正法なら、既製の“マウスピース型装置”で無理なくできる!!  

「大塚式」こども歯ならび矯正法とは? 

プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、その装置を利用した口腔周囲機能訓練を同時に行う小児(6才~10才)ぐらいに適した矯正治療方法のことです。

従来の固定式のマルチブラケット装置で治す100%の治療でなく、実用的な80%の「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指す画期的な治療法です。

岡山県・大塚矯正歯科クリニックの大塚 淳先生が開発されました。

型どりがいらないのですぐできる。子供にもお母さんにもやさしい。 

当院でも行っている床矯正は4歳から可能な方法ですが、一つ大きな山場となるのが装置を作るための”型どり”が必要なことでした。

この”大塚式”の矯正法は型どりがいらない既製のマウスピース型装置を使用するので型どりが必要ないので苦手なお子様にも無理なく行うことができます。

また費用の面でも床矯正自体が普通の矯正治療よりは負担が少ないのですがその床矯正よりもさらに抑えることができ、矯正治療を始めやすくなっています。

正しい位置に歯が並ぶ、舌や唇に筋肉を鍛えていく

プレオルソを入れることで、舌や唇の筋肉が正し力を発揮できるようになります。

その結果歯が正しい位置に並びます。

装着時間は就寝時と家にいる時のみの装着で十分です。

また、食事の時や運動時には装置が外せますので、虫歯や怪我の心配も少なく育ち盛りのお子様にも安心です。

また生え変わりの途中の時期でも装置を入れることが出ます。

新しい大人の歯が生えてくるまでの間に正しい舌の位置、筋肉を獲得します。

またご両親が一番気にしている口呼吸を鼻呼吸に促すことができるなどたくさんの特徴があります。

そのため本格的に行う矯正の前準備、後戻り防止のためのリテーナーとしても効果を発揮します。

プレオルソシリーズ 7つの特徴

  1. シリコン由来の非常に柔らかい素材ですので子供さんが一番嫌がる「痛み」がほとんどありません。
  2. 既製品を使用するので歯型を取る必要がありません。
  3. 学校に装置を持っていく必要がありません。寝ているときだけで十分です。
  4. 既製品ですので治療費が他の矯正法より安く抑えられます。
  5. お母さんが気になされてる口呼吸を鼻呼吸にすることができます。
  6. シリコン由来の素材ですのでお父さんが心配される壊れることがほとんどありません。
  7. 装置の調整がほとんどいらないので来院回数を減らすことができます。

様々なケースに対応できる”プレオルソシリーズ”

タイプⅠ 叢生(でこぼこの歯並び)、上顎前突(出っ歯)の時に使用します。
タイプⅠ 叢生 タイプⅠ 叢生 タイプⅠ 叢生(でこぼこの歯並び)、上顎前突(出っ歯)の時に使用
タイプⅡ 開咬(前歯が噛まない)の時に使用します。
タイプⅡ 開咬(前歯が噛まない)の時に使用   タイプⅡ 開咬(前歯が噛まない)の時に使用
タイプⅢ 反対咬合(受け口)の時に使用します。
タイプⅢ 反対咬合(受け口)の時に使用   タイプⅢ 反対咬合(受け口)の時に使用

この3タイプを使い分けていきます。

出っ歯受け口などほとんどの症例で可能です。

できれば10歳までに治療を終わらせたい装置です。