A

歯周病の最大のリスク因子はタバコです。

タバコを吸っていると、毛細血管の血流が悪くなり、歯周組織の細胞の傷を治す働きが悪くなります。タバコは、からだの抵抗力を弱めるだけではありません。細菌の毒性を高め、からだを守る働きや、自己修復する働きを狂わせてしまうのです。

浅い歯周ポケットでも病性の高い細菌が増加しやすくなります。タバコは、毛細血管の循環障害、免疫系への影響、歯周組織の細胞への影響、そして細菌への影響と多種多様な経路でマイナスの影響を与えていると考えられています。

喫煙の歯周病への影響は、過去に吸ったタバコの本数が多ければ多いほど大きくなります。

喫煙本数や喫煙年数と歯周組織の破壊の程度との間に深いかかわりがあるのです。