A 

口のニオイがとても気になるという人が増えています。

口臭には生理的なものと、体に何らかの異常がある病的なものがあります。生理的口臭は、誰にでもあるものです。病的口臭には、虫歯、歯周病、歯肉炎などの歯の病気、慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎、食道炎、胃炎、胃潰瘍、糖尿病など、いろいろな原因があります。

もし口臭が気になったら、まずは歯科医に相談してみてください。口臭80%以上は口腔内にトラブルがあることが原因だからです。最も多いケースは口腔内のプラーク(歯垢)に原因のある口臭です。歯周病が進行すると歯周ポケットから膿が出てきます。これが細菌に分解されると嫌なニオイが発生します。

ニオイの元になっているのは、アミンや硫化水素、インドール、メルカプタン、イン酪酸などの揮発性ガス成分で、歯周ポケットの奥深くに棲息している嫌気性菌(酸素が少ない環境が好きな菌)が作り出しています。

虫歯がたくさんあると、やはり口臭が発生します。神経の腐っている虫歯が1本でもあれば、臭うようになります。舌の根元に付いた白い苔(舌苔)も口臭の原因になります。

入れ歯もプラークが付着しやすいので、きちんと清掃しないともちろん口臭の発生源になります。