A 

 「インプラント」は人工歯根を使った治療法です。人工歯根そのものをインプラントと呼ぶ場合もあります。インプラントは、乳歯・永久歯の後の「第三の歯」、あるいは「第二の永久歯」と呼ばれるように、機能的にも見た目にも天然の歯に最も近い人工歯です。

インプラントは、あごの骨に埋めこむ歯根部と人工歯、それぞれを連結して歯を支える支台部の3つの部分からできていて、そこからはネジでしっかりと固定されています。

インプラントの素材には主に純チタンが使われています。チタンは骨と完全に結合する性質をもっています。その現象をオッセオインテグレーションといいます。骨に直接結合するわけですから、入れ歯のように取り外しの必要もありませんし、ブリッジのように隣接する歯で支える必要もなく、止め金もいりません。しかも、天然歯と同じように力を入れて噛むことができますし、味覚も楽しめます。最大のメリットは、歯のない悩みや口の中の異物感から解放されることではないでしょうか。