A

親知らずとは3番目の上下の大臼歯のことで智歯とも言います。語源は、20歳を過ぎてから生えてくるため、親が知らない間に生えてくる歯、という意味合いから親知らずという俗称で呼ばれています。

この親知らずは皆さんご存知のように、何かとトラブルが頻発しやすい歯です。多くのトラブルは歯茎が腫れる、膿む、虫歯になる、歯並びが悪くなる、といったものが一般的です。

では何故トラブルが起きるのでしょうか?

それは、親知らずの生え方と、口の中の環境に起因します。現代人は顎が小さくなってきており、その反面、歯の数や大きさに変化はないので、どうしても親知らずが生えてくるスペースが足らなくなり、斜めに生えてきたり、完全に横向きのまま埋まっていたりといった状況が多く、そのため汚れがたまりやすく、磨きにくいといった環境になります。

結果虫歯になったり、歯茎が腫れたりといったトラブルを起こすのです。

又しっかり生えたとしても、口の中の一番奥に位置する歯なので、歯磨きがうまくいかず、虫歯になる場合もよくあることです。