A

歯周病や歯根の先の病変は、バイオフィルムによって生じる慢性炎症です。膿んでいる部分の面積を合計すると、重度のケースでは手のひらほどになるといわれます。このため歯周病を放置していると、からだ全体の健康上の大きなリスクにもなります。

糖尿病、心臓病、肺炎、動脈硬化、未熟児出産、早産に密接な関係があると報告されています。