A

歯の治療には「保険診療」と「自費診療(保険外診療)」があります。

保険診療は健康保険が適用されるので、患者さんは一部の負担金を払えば治療が受けられますが、自由診療は保険がきかないので、全額自己負担になります。自費治療(保険外診療)は保険診療のような材料や治療法に縛りがなく、見た目の改善を行うホワイトニングや、快適性も考慮した金属を使用した入れ歯、インプラント、矯正等が自費の対象になります。しかし全額自己負担のため高額(消費税もかかります)になってしまいます。

自費診療はその人のニーズに合った材料、価格、方法を吟味し選択して行う診療です。これはまさに治療ゴールの問題です。一概に保険は悪い、自費がよいという話ではありません。

保険の歯でもそれなりに長もちします。ですが、自費の歯は強度もありますし、変色しにくいというメリットがあります。どこで手を打つかは患者さん自身がゴールをどこに置くかという問題です。

じっくり考えて判断していただくしかありません。

Q&Aよくある質問のTOPへ