A  

風邪の場合自己免疫により自らの力で治癒させることが可能で、あくまでももらった薬や点滴は、自己回復の手助けで、後は無理をせず休養をとり、バランスのよい食事をすることにより通常は治癒しますが、例えば虫歯の場合、放置しておいても自然治癒しません。進行して悪化する一方なので治療しなければ絶対に治りません。

また痛みなどにより気付いた時というのは、結構進行してしまい、歯の神経までやられている事が多いため、通常の虫歯のように削って詰めるだけではなく、元の神経の処置から行わねばならないため、余計に時間がかかります。しかも、削ったからには機能回復を行い、元の形に戻さねばならないため、形を整え詰めたり被せたりしなければならず、その被せる物も、既成の物ではなく、各個人に合ったオリジナルの物を作成しなければならないので、更に時間がかかります。しかも虫歯以外に歯周病などがあった場合、基本的に被せる前に歯周病を安定させねばなりません。そのために、時間、回数がかかります。