歯周病の口腔内細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。

この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています。

症状としては初期段階では自覚症状がほとんどないため、気付いた時にはすでに進行しているケースが多く見られます。
お口に気になる症状がある場合には早めに受診しましょう。

←歯周病の原因へ