細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています
ブログ

歯周病

歯周病とは

歯周病の口腔内

細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。

この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています。

症状としては初期段階では自覚症状がほとんどないため、気付いた時にはすでに進行しているケースが多く見られます。
お口に気になる症状がある場合には早めに受診しましょう。

←歯周病の原因へ

スリーディーエス(3DS)

歯科医院で守る全身の健康
口腔内の細菌をリセットしませんか!!

40~50年かけて形成された悪い口腔内細菌を一度生まれてきた時と同じような状態にリセットするということが必要です。(まれに代~20代でお口の菌の状態が悪くなる人もいます。そのような場合は早期の治療が必要です。)

すべての菌が完全にゼロになるという可能性は低いですが、これからの人生において一度口腔内をきれいにすることで、よりよい人生が送ることが可能です。

※位相差顕微鏡で、口腔内がとてもきれいな患者さんの菌の数は、ほぼゼロという方もいらっしゃいます。

次のような患者さんは菌が消えにくい傾向があります。

(1) 血液疾患(貧血、再生不良性貧血)
(2) 重度糖尿病(血管内壁に感染していることがある)
(3) 根の先に病巣がある(病巣の中まで白血球が届かない)
(4) かぶせものがたくさんある(歯とかぶせものの間に隙間があるので底部分に隠れやすい)
(5) 栄養失調(血液や免疫力が低い)
(6) 喫煙者(毛細血管が狭くなり、赤血球が来ないので歯肉は酸欠状態、また、身体を守る白血球も非常に少ない)

 

一度菌が消えても、定期健診時に位相差顕微鏡で確認すると出てきていることがあります。

  1. その原因としては
  2. 外部から再感染した可能性がある

口の中の菌はいったんいなくなったが、身体の他の部位に潜んでいることがあり、それが再び口の中にあらわれることがある。
 (血管の内壁、根の先の病巣など)

3DSによる除菌

3DSは、歯石を除去し、PMTC( Professional Mechanical Tooth Cleaning:歯医者さんで特殊な器具を使用したクリーング法のこと)を行って、むし歯菌や歯周病菌の棲みかとなる プラークやバイオフィルムを除去した後にあなた専用のマウスピースの中に薬剤を入れて、一定時間保持します。

こうすることで、歯の表面や歯周ポケットに薬剤が浸透し、お口の中をむし歯や歯周病にならない環境にすることができるのです。

3DSの効果を最大限に発揮させるには、歯医者さんでクリーニングを行い、歯石やプラーク、バイオフィルムを機械的に破壊させた後で、バイオフィルムが再付着する前に十分に薬剤を作用させることが必要となります。

もちろん、3DSに加え、正しいブラッシングを習得し、ホームケアしていただくことも重要です。

お口の中を除菌することによってむし歯や歯周病を予防できるだけでなく、口腔内から全身に細菌が巡って身体全体に悪影響を与えることを予防することができます。

欠点は、健康保険が適用されないため、自費での診療になることです。

3DS

 

歯周病とたばこの関係

 

たばこは様々な病気の原因となることが知られていますが、実は歯周病とも深い関わりがあるのです。

喫煙は・・・

★ 歯周病にかかりやすくなります

たばこの煙の中のニコチンが歯のまわりの組織(歯周組織)の持つ免疫機能を低下させ、病原菌に対する抵抗力を弱めるために感染しやすくなります。

★ 歯周病の発見を遅らせます

ニコチンが歯周組織の毛細血管を収縮させるので、病気が進行しても出血や腫れなどの症状が現れにくく、炎症が起こっていることを隠してしまいます。気づいたときには“手遅れ”といったことにもなりかねません。

★ 治療後の治りが悪くなります

治療後、歯肉が回復しようとする働きにニコチンが“待った”をかけるため、同じように治療を受けても、期待する効果が得られません。

あなたの家族にも被害が…

本人は喫煙していなくても、他人の吸っているたばこの煙(副流煙)を吸い込むことで、健康被害を受けることを受動喫煙といいます。

☆ 副流煙の方が毒性が強い
☆ 受動喫煙した母親から、胎児・乳児へ、ニコチンが影響を及ぼします
☆ 受動喫煙は家族や身近な人の歯周病のリスクも高めます

 9つのタバコの影響 

  1. お口の中を栄養失調状態にします
    タバコに含まれているニコチンは、末梢血管を収縮させる作用があります。
    そのため、歯ぐきの血流が悪くなり、酸素や栄養がいきわたりにくくなります。
  2. お口の中を酸素不足状態にします
    本来ならヘモグロビンは酸素と結合し、お口の中のいろんな組織に酸素をいきわたらせます。しかし、タバコの煙に含まれている一酸化炭素(CO)がヘモグロビンを乗っ取り、それを妨げるのです。
  3. 歯ぐきを硬くごつごつした状態にします
    ニコチンや一酸化炭素の力により、歯周組織への刺激や血管内腔などへの傷害が引き起こされ、歯周病の進行具合が現れにくく治療が手遅れになる可能性があります。
  4. 白血球の活動を抑制します
    タバコに含まれる害毒物質によって、白血球の細菌に対する貧食機能、防御機構が弱まり、炎症が悪化します。
  5. 組織再生細胞の働きを妨げます
    タバコの害物質によって、歯周病の回復に必要な働きが妨げられます
  6. 毒物質が炎症を強めます
    タバコの煙に含まれているニコチンやタールなどの毒物質が、歯周ポケットを刺激し、炎症を一層強めます。
  7. 免疫力を低下させます
    タバコに含まれる毒物質によって、全身の免疫力が衰え、歯周病への抵抗力も下がり、治療しても悪化していきます。
  8. 唾液分泌量が減少し、細菌の繁殖を抑える力が妨げられます
    タバコに含まれるニコチンによって、唾液の分泌が減少します。
    その結果、歯垢や歯石がつきやすくなります。また色素沈着が促進されます。
  9. 血中のビタミンCが破壊され、殺菌効果が阻害されます
    タバコ1本によってビタミンCが25mgも破壊され、殺菌・静菌作用が阻害されます。
あなたとあなたの大切な方の健康のために、たばこをやめませんか?
当院ではあなたの禁煙をお手伝いしています

☆禁煙の効果はすぐに現れます☆

禁煙を開始すると、身体はすぐに回復し始めます。
禁煙を始めるのに「遅すぎる」ことはありません。

禁煙後の身体の変化

禁煙スタート    
   
20分後  —– 血圧が下がり脈拍も正常付近になる。 手足の血流がよみがえり、体温が正常にまで上昇する。
   
8時間後 —– 血液中の酸素濃度が回復。一酸化炭素が抜けていく。
   
1日(24時間)後 —– 心筋梗塞にかかる危険が激減。 
   
2日(48時間)後 —– 食べ物の味やにおいがよくわかるようになる。 
   
3日(72時間)後 —– 肺機能が回復し、呼吸が楽になる。肺活量が増加し始める。 
   
2~3週間後 —– 血行が良くなり、お肌のつやが戻る。運動がよくできるようになる。
隠されていた歯肉の炎症症状(出血など)が現れる。
   
1~9ヵ月後 —– せき、たんがなくなり、風邪をひきにくくなる。 歯周病の進行速度が遅くなる。 流産や妊娠中の合併症の危険が下がる。 
 ↓    
5年後 —– 肺がん、口腔がん、喉頭がん、食道がんになる確率が半分になる。
   
10年後 —– 肺がんの死亡率が喫煙者の10分の1に減る。 他のがんになる確率も低下する。
   
15年後 —– 心臓病のリスクが非喫煙者と同じになる。

 

歯ぎしりが歯周病を悪化させる?!

 

過度の“歯ぎしり”や“食いしばり”は歯を失う原因にもなりかねません

歯には、食べる、発音するという役割のほかにも、歯ぎしりすることで精神的なストレスのはけ口になる働きもあります。けれども、過度の“歯ぎしり”や“食いしばり”は「ギリギリ」音がなって、周囲の人の迷惑になるだけでなく、口の中や周囲の組織に大きな影響を及ぼし、歯を失う原因にもなりかねないのです。

“歯ぎしり”や“食いしばり”のことを総称して“ブラキシズム”というのですが、その実態や影響をもっと知っていただくことで、歯を守り、いつまでもご自分の歯でおいしく食事をし、楽しい人生を送っていただきたいというのが、私たちの「ねらい」であり「願い」なのです。 

ブラキシズムとは?

1.ブラキシズムの定義

ブラキシズムは「昼間あるいは夜間に行われる緊張、噛みしめ、歯ぎしり、および臼磨運動などの異常機能運動」と定義づけられています。

2.ブラキシズムの種類

(ア)グラインディング

グラインディング

歯の全体を横にグリグリとこすり合わせるタイプの運動です。
その運動方向は水平的で運動範囲が広いため、全顎的にすり減っていきます。就寝時に行っていることが多いようです。 

(イ)ナッシング

ナッシング

ナッシングは全体ではなく、ある一定の場所だけで、ぎしぎしこすり合わせるタイプの運動です。犬歯やその後方の小臼歯部の先端だけがすり減っていることが多いようです。日中にはみられず、夜間に生じることがほとんどですが、歯をきしませるため、音がなる場合もあります。 

(ウ)クレンチング

クレンチング

上下の歯を無意識のうちに噛みしめてしまうタイプの運動で、日中・夜間にかかわらず起きます。噛みしめるだけでは音はなりませんが、咬頭嵌合位からわずかに横に動かす場合などは音がなることもあります。頬粘膜や舌側縁についた歯の圧痕は、現在習慣的にクレンチングをしていることを示す目安の1つになるでしょう。

3.睡眠時ブラキシズムと日中の噛みしめ

寝ている間のブラキシズムは、無意識下で行っています。日中の噛みしめも無意識ではあるものの、意識レベルは睡眠時とは異なるため、両者を分けて考えるべきだという意見があります。
日中の噛みしめは、それほど強い力ではない場合が多いようですが、上下の歯をつねに噛み合わせています。特に、集中して何かをしているときなどに長時間噛みしめてしまう傾向があり、咀嚼筋群のこわばりや顎関節への影響も報告されています。

4.ブラキシズムの診断・対応が難しい理由

ブラキシズムの診断と対応は、非常に難しいものです。その理由としては、以下のような要因があげられます。

  • 発現のメカニズムがまだ解明されていない:ブラキシズムを増大させる因子は、中枢性因子(精神的ストレス)と末梢性因子(咬合の問題)に大別され、議論が続いています。原因が解明されていないため予防や対応の方法も確立されておらず、現在のところ、ブラキシズム自体をなくすことはほとんどできないといえるでしょう。
  • 患者さんに自覚がない場合が多い:口の中の状況からブラキシズムが疑われても、その多くは無意識下で行われているため、ブラキシズムを自覚している人はあまりいないのが現状です。本人に自覚がなければ、ブラキシズムから口腔を守ることは困難です。また、日中のクレンチングなども、無意識にしている場合がほとんどですから、まず自覚をしてもらうところから始めなければなりません。
  • 音がせず、気づきにくいブラキシズムもある:「ギリギリ」と音がなるようなブラキシズムであれば、家族などからの指摘で自覚できる場合がありますが、音がしないブラキシズムの場合は、周囲の人が気づくことはありません。特にクレンチングは、グラインディングに比べて破壊的なトラブルを招きやすいのですが、その多くは音がしないことから自覚しづらく、何らかのトラブルが生じてはじめて問題に気づくことも少なくありません。
  • ブラキシズムにはさまざまなタイプがあり、複数のタイプが併発している場合がある:グラインディング、クレンチング、ナッシング、タッピングは、それぞれ異なった運動をするため、タイプによって臨床像もさまざまです。しかも、1つのタイプのブラキシズムが単独で起きている場合もあれば、いくつかのタイプが併発していることもあり、さらに問題を難しくしています。

(知っておきたい「力」のことより引用)

▲歯周病のTOPへ

PAGETOP