細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています
ブログ
  • HOME »
  • ペリオデンチャー

ペリオデンチャー

歯が抜けるのを防ぐペリオデンチャー

ペリオデンチャーとは入れ歯になる前にこれ以上歯がなくなるのを防ぐ入れ歯です。

グラグラしている歯がある・・でも、抜きたくない・・

そんな方にお勧めしたいのが、ペリオデンチャー。

今まで、1度グラグラし始めた歯は動きを止めることが難しく、セメントや固定用テープで一時的に動きを止めることができても、しっかり噛めるレベルまでの回復は難しいものでした。

しかし、ここにきて、動きをきちんと止めることが出来た上で、かみ合わせの調整なども含めた歯周病治療をしかり行えば、歯の根の周りに石灰化が起こり、歯は再び固定されるということが研究でわかってきました。

ペリオデンチャーは、歯があるところに入れ歯やインプラントにならないために入れる歯周病治療用の入れ歯です。九州歯科大名誉教授の横田誠先生が開発されたものです。

ペリオデンチャーの種類

  1. グラグラしている歯があるけれど、まだ入れ歯ではない状態の方が使用する固定装置(写真右:歯のない入れ歯)
  2. 既に入れ歯を入れている方が、残っている歯を固定する目的で入れる入れ歯で機能も持つ装置(写真左)の2つがあります。

歯が抜けるのを防ぐペリオデンチャー

 

ペリオデンチャーに向いている方

  • 歯周治療後、動いている歯がある
  • 噛み具合が強すぎる人
  • お口の清掃がきちんとできる方
  • 定期的に検診や歯周病治療にご来院できる方

ペリオデンチャーに向かない方

  • 取り外し式の装置が苦手な方
  • お口の清掃ができない方
  • 急性症状のある方
  • 定期的なご来院が難しい方

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ