細菌の固まりで出来ている歯垢の中には、歯周病菌と呼ばれる細菌が存在します。この歯周病菌は歯の周りの組織に感染し、歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える顎の骨まで溶かしてしまう病気で、日本人の80%近くの人がかかっていると言われています
ブログ
  • HOME »
  • ペリオウェイブ

ペリオウェイブ

ペリオウェイブ PDT治療(光線力学療法)とは

光を当てて殺菌するという古いようですが最も新しく、同時に人にやさしい最新の歯周病原因菌殺菌療法です。

医科で主にがん治療のために研究されてきた方法です。

現在では早期の肺がん、加齢黄斑変性症、ニキビ、などに臨床応用されています。

歯科ではメチレンブルーを主成分とした「バイオジェル」という液で細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。

インプラント周囲炎に対しても効果的で、現在世界が注目している」最先端の光殺菌技術です。

当院ではこれを「ペリオウェイブ」という非熱発振レーザーシステムで行っています。

非熱発振レーザーシステム

非熱発振レーザーシステム

PDT治療法の原理

バイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。

このバイオジェルは光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来ます。

この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

活性酸素というと人体に悪影響があるような感じを受けますが、活性酸素にも数種類あり、この一重項酸素は、人体細胞には無害で細菌の細胞壁のみ破壊するので歯周病菌が死滅します。

PDT治療法の特徴 

・薬を一切使用しない
・耐性菌が発生しない
・痛みや熱さを伴わない
・手軽に何回でも処置できる

PDT治療法の流れ

1.まずバイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。
2.バイオジェルで染めた部分に特殊な無熱のレーザーを1分間照射します。
3.死滅した菌を洗浄します。

もちろん、これだけで歯周病が治るわけではなく、しっかりと歯石を除去し、ご自身も歯ブラシを頑張って頂き、それに併用することで効果を発揮する治療法です。

主に歯周病予防に適しており、他にもインプラント歯周炎や、根菅治療等にも効果的です!

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ