今の入れ歯で噛めていますか?

□食事の際、大体何でも噛めていますか?

□美味しく食事ができていますか?

□楽しくおしゃべりができていますか?

世界で類をみないスピードで進む日本の高齢化。2025年には65歳以上の人口は3500万人。ほぼ3人に1人は高齢者になると予測がでています。これにともないQOLの高い高齢者の創出が重要となり、歯科医療、特に入れ歯治療の担う役割はさらに大きくなるはずです。

良い入れ歯が入ると食べる楽しみやコミュニケーションなど社会性QOLを高め、栄養摂取、日常活動能力、視力、聴力などの健康状態にも良好な影響を与えます。しかし、良い入れ歯を作ることは難しいです。なぜなら人それぞれ良い入れ歯の定義が違いますし、もちろん価値観も違うからです。

「噛める入れ歯」を目指しています

噛める、笑える、おいしい入れ歯

噛める入れ歯の大切さ

大学卒業後35年の勉強と経験により私には少しだけ入れ歯作りに明かりが見えてきたように感じています。 現在は「入れ歯作りに命をかけています」 が本音です。

人の口の中は千差万別です。 顎の骨の吸収具合、上下顎の位置関係、噛み癖、顎関節の動きなど複雑な要因がからみあいます。そのため、当院では一つの治療方法だけでなく様々な治療方法、技術、材料を組み合わせて患者さんのお口にあった入れ歯を作るようにこころがけています。

また、当院での自費治療での義歯作成の際には、歯科技工士も患者さんの顔ぼう、口元、顎の大きさを実際に診て、患者さんの希望、要望をお聞きし入れ歯をつくりあげていきます。

当院は「噛める入れ歯」を目指していますので入れ歯ができた時がゴールではありません。長くお付き合いさせていただきます。

入れ歯をいれることで、楽しみやコミュニケーションなど社会性QOLを高め、栄養摂取、日常活動能力、視力、聴力などの健康状態にも良好な影響を与えます。しかし、良い入れ歯を作ることは難しいです。なぜなら人それぞれ良い入れ歯の定義が違いますし、もちろん価値観も違うからです。