入れ歯の厚みが気持ち悪くて我慢できない。なるべく薄くしたい。

金属床の入れ歯とは

一般的な保険の入れ歯は骨格部分をピンク色のプラスチックで作ります。

それに対して金属床の入れ歯は金属で作ります。文字通り金属を使うため、たわみにくく、丈夫な入れ歯を作ることができます。

金属なのでプラスチックと比較して、格段に薄く仕上げることができるので、違和感は少なく、お口の中を広く感じさせてくれます

さらに、熱の伝わりの良さで、一層おいしく食事を楽しむことができます

金属床の入れ歯

金属床の種類

コバルトクロム

金属床の入れ歯として、コバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
薄く、熱を伝えやすく、清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。

チタン

近年話題の最先端金属です。多くの歯科医師が、「軽い」「身体に優しい」「アレルギー反応を起こしにくい」「金属味がしない」等の理由からチタンを推奨しています。

また、最近はチタンの認知度も上がり、多くの患者さんが、歯科金属としてチタンを希望されるようになっています。

金属床の入れ歯の特徴(1)

薄く快適! 会話が楽しい!
金属の入れ歯は保険のプラスチックの入れ歯の約1/3の薄さです。
お口の中で違和感が少なく快適です。

金属床の入れ歯の特徴

金属床の入れ歯の特徴(2)

熱を伝えやすく食事が美味しい!

金属床の入れ歯は温度をよく伝えるので、温かい物は温かく、冷たいものは冷たく、美味しく食事が楽しめます

金属床の入れ歯の特徴(2)

金属床の入れ歯の特徴(3)

残った歯に優しい!

部分入れ歯では、残っている歯にバネをかけますが、金属床の入れ歯はバネをかけた歯の負担を軽減することができます。

バネのかかった歯を抜かずに済む割合が、約1/2というデータもあります。

金属床の入れ歯の特徴3

金属床の入れ歯の特徴

金属床の入れ歯の特徴(4)

骨格部分が金属なので、たわみにくくしっかり噛める!

金属床の入れ歯の特徴(5)

設計に自由度がある!

金属床の入れ歯は設計に自由度があり、部分入れ歯の金属バネが目立たないように仕上げることができます。 また、お口の中の状態にもよりますが、入れ歯自体を小さく仕上げることも可能です

金属床の入れ歯の特徴(6)

修理、補修も可能なので、永くご使用いただけます。

破損したり、歯が追加で抜けても修理・補修が可能です。

最新技術を駆使することで、修理した部分がわからないほどの状態に仕上げることができますので、永くご愛用いただけます。

(和田精密歯研のThe Metal Plateよりの引用)